予約するのが安心

Modern diagnosis

どこに行くにしても、初めて行くときって緊張しますよね。特に病院は、そこをかかりつけにするかどうかも関わってくるので、最初が肝心ともいえます。今回は行く頻度が一番高いであろう内科に焦点を当てていきます。 まずは予約が必要です。内科によっては予約しなくても平気なところもありますが、予約しておくと安心です。内科側も忙しいかもしれないので、なるべく手短に、初めての受診であることや症状について説明します。症状について細かく説明するのは診察の時で構わないので、いつからどのような頻度でどんな症状があるのかを整理して話しましょう。内科は幅広い症状に対処するので、どこが痛いのかを具体的に言えるようにしておくことも必要です。

内科に予約もできたし、いざ診察!というときに覚えておくといい豆知識を紹介します。 まずマスクを持って行くこと。内科は色々な症状の患者さんがいます。自分は腹痛で行ったのに、周りに風邪を引いている人がいてうつってしまった…なんてこともありえます。マスクをしておくことである程度予防できます。もちろん自分が風邪を引いている時も忘れずにしていきましょう。さらに症状がそれほどひどくないときには、文庫本などを持っていくのも良いでしょう。特に大きい病院の内科であれば待ち時間が長くなることが想定されます。また薬を処方された場合、薬局でも待ち時間があることも考えられます。もちろん症状が重いときは、そのようなことを考える必要はありません。体調不良を感じたら早めに内科へ行きましょう。